NTT東日本、PLCアダプター『PN-100HD-S』の販売を19日に開始

ここでは、「NTT東日本、PLCアダプター『PN-100HD-S』の販売を19日に開始」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東日本電信電話(株)は15日、高速電力線通信用のPLCアダプター『PN-100HD-S』の販売を19日に発売すると発表した。価格は2万3100円。
 『PN-100HD-S』は、ルーターなどの通信機器に接続するマスターアダプターと、パソコンなどに接続するターミナルアダプターをセットにしたパッケージ。理論上の通信速度(PHY速度)は最大190Mbpsで、UDPでは最大80Mbps、TCPでは最大55Mbpsとなるという。通信距離は最大150m。セキュリティーはAES(128bit)に対応。ターミナルアダプターは15台まで接続でき、増設用ターミナルアダプターも1台1万4700円で販売する。

LANインターフェースは10/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)で、TCP/IP/UDP/HTTP(IPv4/v6)をサポートする。電源はAC100Vで、消費電力は約4W。本体サイズは幅121×奥行き40×高さ70mm、重量は約240g。
http://ascii24.com/news/i/hard/article/2006/12/15/666618-000.html

どうなんでしょうねえ?家庭用コンセントからネットにつなげるのは理想ですけど、まだ情報の漏洩とかが不安ですよね。でもこれからは期待できそうですね、もっと煮詰まっていけば。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://psychoticmonkey.blog10.fc2.com/tb.php/190-47070f09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。